お知らせ|人材調査、採用前調査、バックグラウンド、リファレンス、企業の信用調査は名古屋・東京の産通へ

お知らせ
News

2017/10/10スタッフブログ更新しました!

地方空港利用の利便性実感

岩手県は盛岡市への出張が決まり、路線を探っていると、
名古屋空港から花巻空港まで便が有ることを発見! 新幹線で東京経由で向かうより時間短縮、費用面でも期待できることから、予約利用してみた。
拠点空港であるセントレアが開港以来、地方空港となった名古屋(旧:小牧)空港を利用するのははじめてだが、改めて地方空港利用の利便性改善を目の当たりにした。
名古屋⇔花巻間
今回は車で空港に向かった。
パーキングは空港に直結、スムーズに駐車して搭乗30分前にチェックイン。荷物を預け、ゲートに向かうと、すぐに搭乗案内があり、飛行機へ。
航空会社は、国内地方空港を結ぶフジドリームエアライン。
速やかに出発して、約70分のフライトでいわて花巻空港に降り立った。
預けたスーツケースは待つことなく手元に戻り、待ち構える盛岡駅直結バスに乗車。盛岡市内までは、約30分。
名古屋空港に到着した時間から、この間約2時間半。
重い荷物を抱えることなく、雨に降られることなく(この日の天候は雨だった;)、気になるような待ち時間も殆どなく、はるか盛岡市まで来ることができた。
しかも、飛行機の中はいつもと違う異空間で気分も変わり、おやつと飲み物も出る!
気になる費用面トータルは?
空港までのアクセスは車で、高速道路を利用しているが、新幹線利用より飛行機の方が、数千円安い。
ということで、以下まとめてみた。
・時間短縮
・手荷物の扱い
・異空間体験(おやつ有)
・コスト面
自宅から空港へのアクセスによるが、地方空港利用の利便性はかなり改善しているようだ。
名古屋スタッフ:M


採用調査、バックグラウンドチェックのご用命は 株式会社産通へ