東京:03-5289-8322|名古屋:052-979-2800

  • 東京
  • 名古屋

Background Checks

バックグラウンドチェック

業種別サービス提案

ITベンダー、コンサルティングファームなど求人数が大きく伸びるなか、あらゆる産業で先進技術の活用が進み、AI/ビッグデータ関連のプロジェクト、デジタルトランスフォーメーションの需要は高まるばかり。2025年にはIT人材が43万人不足するともいわれる国内において、各社が優秀な人材の登用に凌ぎを削っているのが現状です。IT分野において、人材登用・採用前に候補者の特化した知見や技術、プロジェクトの管理能力など詳細を確認しておくことが重要ポイントとなります。
当社では、専門スタッフが第三者として、履歴書や職務経歴書ではわからない候補者のパフォーマンスや仕事に対する姿勢を確認します。
また、取引先から求められるコンプライアンス面については、ネガティブチェックの導入をお勧めします。

技術者に対しては設計開発の技術だけではなく、マネジメントのスキルやグローバリゼーションへの対応、またコストや生産、品質などの知見、社内外との調整などのコミュニケーション能力など多義が求められているのが現状。こうした中、即戦力となるキャリア採用については、候補者の能力及び、コンプライアンス上の問題の有無については確認しておくことが必至となります。
また、期間従業員の正社員登用に際しては、当社バックグラウンドチェックの導入により各社大変好評をいただいております。

医寮・薬品領域でも、加速するITとの融合の流れは例外ではなく、デジタル系の引き合いが強く、医薬品、医療機器メーカー共に技術革新が求められています。こうした中、研究開発からマーケティング、営業職と多岐に亘るポジションの採用が活発化、また、抗体医薬の開発など、大手製薬メーカーのミドル・シニアを即戦力として採用する動きが高まっています。専門知識を要する業種において、候補者の強みや専門分野、また業界でのパイプなど採用前に詳細を確認しておく事が大切なポイントとなります。
また、外資系メーカーは、海外本社からISO等セキュリティ面での要請により雇用前のバックグラウンドチェックを日本支社に対しても求める企業が多くなっています。

教育機関において、教職者や職員のコンプライアンス面は、教育組織の信頼の根幹となります。 採用する職員の犯歴や不祥事について事前に確認しておくことは、各学校や教育機関自らの責任において、教育や研究にふさわしい環境確保のための大切な手順の一つとなります。
昨今では教育現場がWebツールを使った講義や教育コンテンツの配信事業にシフト。大学ではAIといった優れた研究力を背景に近年ベンチャー企業の設立も増えています。システムエンジニアやディレクター、新規事業提案のコンサルタントなど、これまで経験のない多様な職種の採用が必要となる中、ミスマッチを防ぐための候補者の雇用前のパフォーマンス確認は欠かせません。

不動産・建設業界は転職者が多い業界として知られ、中でも職種は「営業職」が断トツで、その背景としては、土日勤務や残業が多い、成果主義の為などと言われています。大きなお金が動く業界であり、金銭問題などトラブルの噂も多いと言われています。
当社にご依頼頂くバックグラウンドチェック案件の判定結果統計データで、判定が落ちる確率が一番高い業界で、およそ20%の確率で何らかの懸念材料が確認されています。経歴詐称や、前職におけるトラブルなど採用において警戒すべき点が発覚するケースも目立ち、コンプライアンスの観点から、雇用前の事前チェックをお勧めします。
また、WEBによるリモート営業が進む中、営業職は、売り込みだけではなく、結果を出すためにビジネス自体への理解の深さと、自らの動きでビジネスを作り出す能力といったよりビジネスに精通する力が求められるようになります。営業マンである候補者の能力詳細をチェックしておくこともお勧めします。

金融業界のどの職業にも共通していることは、「信用」がなければ成り立たない仕事であるということ。金銭のみならず、資産をはじめとした多くの個人情報を、業務の中で取り扱うという点において高い倫理観が求められます。候補者の雇用前における信用度の確認には、当社のネガティブチェックをお勧めします。 金融業界は現在変革の時を迎えていると言われています。fintechやブロックチェーンなど大きな変化が起こる中、業界では新卒採用の人数を大幅に減らし、中途採用で即戦力となる経験者を積極的に採用する動きが活発化しています。M&Aや事業承継、相続、専門ファイナンス、リスク管理等専門性の高い分野でのニーズが高まり、候補者個々の能力についてより細かく把握しておくことが必要となります。 当社では、専門スタッフが第三者として、履歴書や職務経歴書ではわからない候補者のパフォーマンスや仕事に対する姿勢を確認します。

コロナ禍での雇用不安から介護・福祉業界へ転職を希望する人が急増、今後介護職への転職を考えている、若しくは最近介護職へ転職した人のうち、7割が異業種からの転職で、サービス業・主婦等の介護業界への流入が目立ちました。依然として有効求人倍率4倍弱と高い倍率を保つ「売り手市場」であり、高齢化社会が進むなか、業界における人手不足は人材の獲得競争を益々激化させています。
こうした売り手市場を逆手に取り、資格や経歴について虚偽の申告をして採用されるケースも多いと言われています。虚偽の申告をして入社した人物が問題を起こすケースも発覚しています。 採用前のバックグランドチェックは、雇用の質を上げ、更には従業員と顧客を守ります。

コロナ禍でテレワーク環境が浸透していく中、個人のキャリアに対する価値観は大きく変わろうとしています。
仕事選びで重視する項目では、「給与」「テレワーク」「副業」が大きく上昇。働く場所や時間、仕事の自由裁量度を高く持ちながら生産性上げて稼ぎたいという人が増えています。自分の働き方やキャリアは、自分でデザインしたいといった、働き方の裁量権を求める個人が増加する中、採用の形態も新卒中心から、ジョブ型へと変化しています。こうした中、人材会社では登録要員の能力の詳細確認が一層求められています。
当社はエージェント各社様との連携によりリファレンスチェックを実行し、第三者として候補者の前職でのパフォーマンスや仕事に対する姿勢など詳細を確認してレポートしています。

ベンチャー企業は、従来にない革新的な技術やサービスを提供することから、社員も高い技術力や特殊な能力が求められます。また、実力主義の企業が多く、独自の人事評価制度を導入している企業も多いと言われています。短期間で効率的に人材の採用する為には、バックグランドチェックは欠かせません。柔軟性に加え、各業務の高い基礎能力が求められるベンチャー領域の人材登用では、採用前のリファレンスチェックで候補者の能力や人柄の詳細確認をお勧めします。

お申し込み・お問い合わせ

TOP