お知らせ|人材調査、採用前調査、バックグラウンド、リファレンス、企業の信用調査は名古屋・東京の産通へ

お知らせ
News

2017/08/18スタッフブログ更新しました!

メルカリ体験談

先月末、東京証券取引所に株式の上場を申請した株式会社メルカリ。年内の上場を目指し、時価総額は1000億円を超えるとまで言われています。





2013年設立され、フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。規約に違反するもの(偽ブランド、生き物、現金等)以外ならなんでも出品でき、個人間で取引を行えるサイトです。

ちなみにラテン語で商いを指す「mercari」が社名の由来だそうです。





知り合いにも利用者がおり、いくらか稼いでいるとの声も。若年層を中心に取引が行われているということで、私もヤングを代表して体験してみました。





まずは会員登録。個人情報を打ち込むのが手間なので、GmailやFacebookを利用して登録すると簡単です。

売りたいものを撮影し、商品説明を記入。金額を設定し、後は購入者を待つだけ。簡単に出品できます。

購入者が現れれば発送します。商品を梱包し、コンビニで発送。商品が相手に届けばこちらに入金されます。

実際はもう少し手順がありますが、一連の流れはこんな感じです。





メルカリの利点は他サイトを上回る圧倒的利用者数(アプリダウンロード国内5000万)があり、購入者が多い点。また相手に住所がわからない匿名配送が行える点です。メルカリが仲介を行っているからこそできるサービスです。





金額面でも利点が。メルカリは配送料金がかかり、販売金額の10%が手数料としてメルカリに支払われます。一見が高く見えますが、古着屋の買い取り金額は基本的に、古着屋での販売価格の半分程度、CD、コミック等はもっと価格が下がります(1つ5円~100円)。メルカリの手数料に換算すると50%以上です。

先日某リサイクルショップに衣料8点をもっていったところ買取り金額はなんと800円でした。

流行に流されまいと避けてきたのですが、今後はメルカリを利用することが増えそうです。





先ほどCDが一点売れました。梱包して発送したのですが、意外と梱包に手間がかかりました。利益もあまりないですしCDは不向きかもしれません。梱包に手間がかからない服や靴に向いていると感じました。





メルカリ市場に押され、店舗を構えるリサイクルショップは低迷傾向にあると聞きます。私はよく古本屋や古着屋を利用しているのでここは何とか踏ん張ってほしいところ。買う側で応援しようと思っています。





それにしても、買取り金額800円は安すぎます!もっとください!(笑)





本社社員S

人事調査・採用調査・バックグラウンドチェックのご用命は、株式会社 産通 まで