お知らせ|人材調査、採用前調査、バックグラウンド、リファレンス、企業の信用調査は名古屋・東京の産通へ

お知らせ
News

2017/09/01スタッフブログを更新しました!

『児童強制わいせつ罪で逮捕』

お盆前に衝撃のニュースが舞い込んできました。

愛知県知立市にて小学校教員をしていた「大田智広」容疑者が逮捕された。臨時教員であった大田智広容疑者は、2016年11月から2017年2月にかけて、勤務する小学校の児童に対してわいせつ行為を行った。今回の犯行だけでも衝撃的だが、なんと大田容疑者は過去に3回同じような容疑で逮捕されており、今回が4回目の逮捕だったそう。

以前は埼玉県の小学校で犯行に及んだという事だが、なぜ性犯罪者が何度も小学校教師になれたのか。本人は元々「大田知宏」という名前だったが「大田智広」に改名したとされる。それにしても本人を採用した教育委員会は「教員資格」や「前職」については確認を行わなかったのでしょうか?

性犯罪は特に再犯を犯す可能性が他の犯罪に比べて高いといわれています。

それにしても4度目の逮捕は異常です。こんな事がまかり通っていた教育委員会はこの問題を深刻に受け止めるべきであると考えます。

ネットでは「日本って小学校の教員のバックグラウンドチェックしないの???」という声も聞かれています。

アメリカでは最良の策であるかは別として性犯罪者の再犯防止(被害防止)の為のミーガン法なるものが制定されているのも事実であるのに、まだまだ日本では被害防止対策がなされていません。

このような犯罪が一般企業や私法人で発生したら一発で死活問題なのに、現場である教育委員会はのうのうとしたもんです。

自分(たち)の職場(会社)は自分で守らなければ誰も守ってくれません。

株式会社産通 代表

採用調査・バックグラウンドチェック・リファレンスチェックなら創業50年の人事専門調査会社・株式会社産通へ