お知らせ|人材調査、採用前調査、バックグラウンド、リファレンス、企業の信用調査は名古屋・東京の産通へ

お知らせ
News

2016/03/14スタッフブログ更新しました

花粉症の季節ですね。今年は特に多いとのこと。 先週自転車で法務局や労働基準監督署など2時間ほどぐるぐる外出したら 、オフィスに戻って鼻水、くしゃみ、目のかゆみがすごい!仕事になりませんでした~

個人でも日常の作業に支障をきたす花粉ですから、経済への影響もさぞやですよね。

「花粉がたくさん飛ぶと消費を押し下げる」 花粉症の人が外出を控えれば、観光や外食産業が打撃を受ける

旧科学技術庁が2000年に行った調査によると、医療費と医療関連費(マスクなど)、そして患者の労働生産性の悪化による損失を足し合わせると、スギ花粉症は、なんと2,860億円の経済損失を生んでいるという。あれから15年が経ち、患者数は倍増に近い勢い。つまり、損失額も倍増し5,000億円を突破しているものと考えられる。

なんとこの5,000億円という金額は平均27年度のサラリーマン平均年収約500万円からみると約10万人分の年収に匹敵。恐るべしですね。

風が吹けば桶屋が儲かる。花粉が飛べば、消費が下がる。この構図なんとか打開したいもの、花粉症の特効薬はやく開発されるといいです!