お知らせ|人材調査、採用前調査、バックグラウンド、リファレンス、企業の信用調査は名古屋・東京の産通へ

お知らせ
News

2016/04/06 

増える就職浪人~

先日、日経で「就職浪人増加」の記事を目にした。

新卒採用が中心の国内では、いわば、学生(大学)と企業のマッチングが主体。学生の就職先選びの基準の多くは、「どんな仕事をしたいか? 自分は何ができるか?」というキャリア重視ではなく、「この企業に入りたい~」という、自分に合う企業探し重視の傾向が大きい。

昨年は選考解禁の時期が繰り下げられ、就活現場では混乱が広がった。駆け足で会社の面接を受けるなど就活に十分納得できなかった学生が、本当に自分に合う企業を求め“前向きな留年”に踏み切っているようであるが。

一方では、海外から技術系を含め優秀な人材がどしどし、仕事を求め日本国内に入ってきている。グローバルな舞台でキャリアを構築している彼らは、既に自分は「こんな仕事ができる」と売り込んでくるのである。大学を卒業してこれから、という国内学生にとっては厳しい現状である。

ともすれば、国内の新卒採用は、キャリア重視に変わっていくことが、3年以内30%という離職率低下の歯止めにもなるし、グローバル競争力への強化にもつながるという、自然の流れにも思われる。

そこに、日本オリジナルである企業人育成方式を加えて、より一層強い企業に。


キャリア採用には、グローバル対応での当社バックグランドスクリーニングをお忘れなく。