バックグラウンドチェック|人事・採用調査、学歴・経歴チェック、データーベースチェックなどは名古屋・東京の産通へ

バックグラウンドチェック
Background Checks

  • HOME
  • バックグラウンドチェック

バックグラウンドチェック (Background Checks)

バックグラウンドチェックとは、応募者の背景調査の総称を言います。
従業員を雇い入れる際、ミスマッチや将来的に自社に脅威を及ぼす可能性の高い人物の採用を防ぐため、入社応募者の経歴等申告内容について、事前に確認を行うものです。
雇用形態の多様化やグローバル化による人材の流動化が進行する中、採用リスクは増大しています。当社バックグラウンドチェック(キャリア採用・平成28年度判定結果)では、応募者の25%が採用時に何らかの懸念材料を抱えている事が判明しています。
セキュリティ対策の一環として取引先から採用時のバックグラウンドチェックが求められる時代、リスク管理、企業と社員の安心、安全の為、バックグラウンドスクリーニング、リファレンスチェックを人材採用プロセスのルーティンとしてお勧めします。

バックグラウンドチェックの概要

応募者から提出された情報(履歴書・職務経歴書)について、客観的に裏付け確認を行います。

  • 学歴
    学歴確認
  • 勤怠
    勤怠・職能
  • 退職理由
    退職理由
  • 性格・素行
    性格・素行
  • 所在地
    所在地
  • 職務
    データチェック
  • 職業資格確認
    職業資格確認

ラインナップ

人事・採用調査(雇用前スクリーニング)
申告履歴、公開情報、所在確認等、応募者申告データの照合確認を行い、採用に際しての支障の有無をレポートします。
特別人事・採用調査
前職でのパフォーマンスや実績等、組織・団体における人脈等指定事項について特に綿密な調査を実行。重要ポスト登用や役職者の採用時、ヘッドハンティング時の調査としてご利用ください。
職歴チェック
役職、在籍期間、退職理由などの雇用記録の照合確認。
学歴チェック
入学年月、卒業年月、学位、専攻、卒業の有無などの学歴記録照合確認。
データベースチェック
自己破産歴など公開情報及び各種データベースによるネガティブ情報チェック。
各種職業資格チェック
医師や弁護士等プロフェッショナルライセンスの照合確認。
HRリファレンスチェック
応募者本人の同意のもと、第三者の評価により能力面や資質を重点的に調査確認。
反社チェック
反社会的勢力との繋がり、背景の有無を確認。
所在確認
登記簿、近隣評、オーナー等に対して直接所在を確認。

全てのバックグラウンドチェックはグローバル対応可能、
各国のプライバシーに関する法律を厳格に順守しています。英文調査レポート対応しています。

バックグラウンドチェック事例

採用合否基準の判断材料を強化したい

  • 人事・採用調査(雇用前スクリーニング)
  • 性格、素行(コミュニケーション能力、ひきこもり等)面での悪評を前職・所在地にて確認。

申告経歴詐称の有無、前職での職能を確認したい海外企業との取引において、
スタッフの採用チェックを求められた

  • 職歴チェック/学歴チェック/データベースチェック/反社チェック
  • 申告される前職での職位、職能、在職期間等が相違、不実記載が認められた。犯歴(窃盗、業務上横領、性犯罪、交通犯歴等)により逮捕され、前職を退職した事実が発覚。

ヘッドハンティングや重要ポスト採用時、前職でのパフォーマンスを
確認したい

  • HRリファレンスチェック
  • 長所を含め期待できる能力、ストレス耐性(メンタル不調等)に加え、確認されにくい懸念点(応募者にとっては挑戦となるような事項)が判明。

合法的なバックグラウンドチェックをしたい

  • 人事・採用調査(雇用前スクリーニング)(同意書兼委任状有)
  • 提出された卒業証明書が偽造であることが判明した。過去に自己破産者歴(事業倒産、個人再生歴等)が有る事が判明。申告職歴が脱落している事が判明。

海外での採用、外国人の採用時のチェックをしたい

  • 学歴・職歴チェック/各種職業資格確認/IDチェック/反社チェック/犯歴チェック(各種チェック内容は海外各国の状況により異なる)(同意書兼委任状有)
  • 日本国内企業での勤務実績を申告しているが、正社員ではなくアルバイト勤務であった。IDチェックの為に身分証明書の提示を求めたが、候補者はそれを拒んだ。その後候補者に犯罪歴が有る事が判明した。